« 2009年8月2日 - 2009年8月8日 | トップページ | 2009年10月11日 - 2009年10月17日 »

2009.08.17

TOIEC対策をするべきか

そういえば今年度中にまたTOEICを会社で受ける事になると思う。(みんな受ける)

中学の頃から英語が苦手、というか単語が全く覚えられなかった。まぁ、ものすごい努力をしたかと言うともちろんしてないけど、英単語のテストで点数が取れなくて再テストになって、25個くらいの単語のうちから10個出題とかやられても全然わからない事はザラにある。仕方ないのでなんとなく覚えた単語と、何個かのアルファベットの羅列をとりあえず意味もなく覚える(10分経ったら忘れる)で運良く出題されたるのを待って乗り切るか、3,4回再テスト受けても全然覚えられなくてタイムオーバーな感じで終了。
そういえば小学校の頃は漢字テストが苦手だったなぁ。
ちなみに複雑な化学式(ベンゼン周りの反応とか)、歴史の年号と人名も勿論殆ど覚えてなかった。

何で覚えられないのかと言うと、
そもそも根本的な所で興味がない+学習障害までは行かないまでも記憶センスが無い
なんだと思う。
ちなみに英語はセンターレベルでも偏差値50程度しかない。得点できるのは文章中の知ってる単語から内容を想像していって、雰囲気で答えていく。センターなので分からない部分も選択問題なので当たる可能性があるのも助かった。筆記は何か書こうにも単語が分からないし悲惨。
このレベルだとTOEICをマジメに受けても400点が限界なんですよね。正直、殆ど設問の意味もわからないし、部分部分で長文の内容を類推していくのも疲れるし、もう300点くらいでいいような気もする。
勉強しようにも高校レベルの数学なら一日10分を続けるだけで学年トップレベルの点数が取れるのは経験があるから知ってるけど、英語は一日10分で点数が取れるようになる気がしない。10分なんてその場では単語を数個覚えて、次の日忘れると思う。点数取るテクニックだけ知っても英語そのものがわからないと意味ないし。
英語できた方が世界は広がるんだろうけど、興味ないので仕方ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.16

進化論

Blogに載せるのが遅くなってるけど、本は一冊読み終わりました。
「進化論の挑戦」です。
やや古くて、97年くらいの本ですが、一応文庫になった2004年くらい?に加筆がされてます。

本の内容は進化論そのものの歴史よりも、進化論が生物学以外に与えた影響ー社会学や心理学等ーを中心にしているように感じました。
また、「人は遺伝的にこうなっている」という事と「人の社会はこうあるべきだ」というのは別であるというのも強い主張のようです。
20世紀に良きにしろ悪きにしろ、進化論が果たしてきた役割の概要は見ることができたかな、という感じです。

まぁ、だからといって筆者の立場に完全に同意するという事はもちろんないけれども、教育についてはその役割をもう少し子供を育てる共同体というものに変えていく必要があるというのには納得できるし、最近は放課後教室的なもので暇人が子供の面倒を見る、というのも増えてきているのでその方向に向かっているのかな。

そういえば竹内久美子の本は一時期流行ってましたね。
この本では批判してたけど、読んだ事ないのでなんとも言えません。
まぁ、例え博士の人が書いていたとしても学説はひとつではないので簡単に信じてはいけないという事でしょうか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

単純なベイズ風フィルタ

多分本当は単なる単語列ではなく、頻度とか学習回数とかがあった方がいいのだと思うけど、単純化して単語列だけでマッチングするベイズ風フィルタ(JavaScript)を作成。あと単語分解JSも少しだけ修正。

「JapneseDivide.js」をダウンロード

「BayesianFilter.js」をダウンロード

http://d.hatena.ne.jp/sleepy_yoshi/20080907/p1
この辺りがもう少し本格的に作るには参考になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月2日 - 2009年8月8日 | トップページ | 2009年10月11日 - 2009年10月17日 »