« 100キロマラソン | トップページ | Wi-Fi対応 役満DS »

2006.08.21

モダニズム郵便局

http://www.sankei.co.jp/news/060820/bun032.htm

来年10月の郵政民営化に伴い、貴重な近代建築である「東京中央郵便局」と「大阪中央郵便局」の建て替え計画が浮上。高層ビル化して賃貸収入を得る新事業が検討されている。こうした動きに対し、日本建築学会などは保存を求める要望書を提出した。2大ターミナルの駅前に位置する両郵便局は都市の“顔”ともいえるが、極めてシンプルなモダニズム建築だけに、果たして文化財としての価値は理解されるのか。両中央郵便局は旧逓信省で多くの近代建築を手がけた吉田鉄郎の設計。東京は昭和6年に完成した鉄筋コンクリート地上5階地下1階建ての建物。大阪は14年完成で同地上7階地下1階建て。いずれも近代建築の保存活動を行う国際的な非政府組織「DOCOMOMO」(ドコモモ)日本支部による優れた日本の近代建築100選に名を連ねている。特に東京中央郵便局は当時来日した世界的な建築家、ブルーノ・タウトに絶賛されたことで知られる。

個人的には美しい東京中央郵便局の方は残して大阪は建て替えてしまえば良いと思う・・・

日本は市街そのものを保存するってのがないからチグハグになっちゃうよね
昔は丸の内の中央郵便局付近は31mの高さのビルに揃えられていて美しい景観だったらしい

|

« 100キロマラソン | トップページ | Wi-Fi対応 役満DS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18613/11538812

この記事へのトラックバック一覧です: モダニズム郵便局:

« 100キロマラソン | トップページ | Wi-Fi対応 役満DS »