« ついにナンバーポータビリティ義務化 | トップページ | ニューオーリンズ、腐海に沈む »

2005.11.23

耐震偽装に公的資金?

http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20051122AT1G2203M22112005.html

ヒューザーは入居者や契約者に、買い戻しではなく、建て替えでの決着を求めている。ただ、震度5強の地震で倒壊する恐れが強いとされた7棟を建て替えた場合でも、費用は約50億円が見込まれ、小嶋社長は「公的な資金援助がなければ不可能」としている。

公的資金援助は無理だろ・・・と思ったけど借り入れならまだましか。無償援助はやってしまうと全国に多々ある欠陥住宅全てに公的資金を!ってことになってしまうし。でも基本的には会社の資産を売り払って金を返すしかないかな。この会社から物件買う人も少ないだろうし、貸した金焦げ付いて倒産、が見えてるし。建築現場写した写真がパソコンごと盗まれたて・・・そりゃないだろ。
住民も「安くて広い!」という詐欺に騙されたわけで(安物買いの銭失い?)、もらえるだけ損害賠償をもらってリスクを背負いつつ住み続ける、賃貸物件に移る、ローン組んで新しい所に住むってのが現実的な線か・・・20年くらい昔に建てられた建築物と同程度の耐震性くらいならあるのかな?阪神大震災で倒壊したマンション住人に対しても全額を補助するとかはもちろんなかったわけで、二重ローンとか組んだ人も多かったとか。そういう人達と比べて優先順位は低いと思うし・・・

http://www.fnn-news.com/headlines/CONN00080984.html

「偽造を始めたのは、建設会社の幹部から『鉄筋の量を少なくしてほしい』と圧力をかけられたのがきっかけだった」・・・、「幹部には数回、キックバックもしていた」

消される前に警察が捕まえた方がいいと思うが

http://www.asahi.com/business/update/1123/037.html

マンションなどの耐震強度偽装問題に関連し、損害保険最大手・東京海上日動火災保険は22日、「問題の物件が仮に地震で倒壊した場合、地震保険に入っていれば、構造問題に関係なく保険金は支払う」ことを改めて確認した。

とりあえずこれに入っておけば地震で破損しても保険は降りる・・・完全に倒壊して死亡してしまったら意味ないけど・・・

http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2005/11/post_bc04.html
民営化の弊害って奴か。検査機関はゼネコンの出資を受けてはならない、みたいな感じにしないとだめなのかな。そんなことしても迂回して出資されるか。マンション買う時は「建築確認機関民営化以前に建築確認を受けたものか、最近でも、国の機関に建築確認を受けたもの」がいいらしい。まぁ一戸建ては大手のパネル工法は基本的に大丈夫らしいが。

|

« ついにナンバーポータビリティ義務化 | トップページ | ニューオーリンズ、腐海に沈む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18613/7281570

この記事へのトラックバック一覧です: 耐震偽装に公的資金?:

« ついにナンバーポータビリティ義務化 | トップページ | ニューオーリンズ、腐海に沈む »