« 久しぶりに朝生 | トップページ | リストランテ・イゾラベッラ »

2005.08.30

亡国のイージスを読んでみた

亡国のイージス
厚めの文庫上下巻。読破するのに計13時間弱くらいはかかったかな。実際の国家(北朝鮮&アメリカ)が出てくるけど、トムクランシーの「日米開戦」とかを思い出した。あれも厚めの上下巻だったし。上巻はなかなかいい感じだと思うけど、下巻はなんとなくライトノベル臭が強い・・・ちょっとマニアックな用語(CIWSとか)が出てくる所とか、戦闘シーンとか。。映像化を意識した作品なのかな。

亡国のイージスの映画は端折ってて微妙らしいですね・・・


事物はじまりの物語も読んだけど、こっちの方はすぐに読み終わるタイプ。「ヘー」的な本でした。

今はマキャベッリの「君主論」を読んでるけど、世に言うマキャベリズム=マキャベッリの思想ではないようですね。確かに性悪説で現実主義者ではあるみたいだけど。

|

« 久しぶりに朝生 | トップページ | リストランテ・イゾラベッラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18613/5701334

この記事へのトラックバック一覧です: 亡国のイージスを読んでみた:

« 久しぶりに朝生 | トップページ | リストランテ・イゾラベッラ »