« 551の叉焼まん | トップページ | ブラインドタッチでアホになる »

2005.02.17

ATOK2005を入れてみる

ATOK 2005 Tech Ver.18 for Windows


一太郎で何かと話題になっているジャストシステムですが、日本語変換ソフトATOKは評判がいいですね。
ということでダウンロード購入してみました。
全く使い込んでいないんですが、連想変換と敬語の誤りを指摘する機能はなかなか便利そうです。
関西弁機能もあったんだっけ?これはいらんけど。

連想変換とは入力したものと似たような意味の言葉に変換できるというもので、「前の文章と言葉が重なってしまったけど、上手い言い回しが思いつかないーーー!」というような時に重宝できそうです。論文書く時とか。
敬語の誤りは二重敬語とか尊敬+謙譲とかの変な敬語の誤りを指摘してくれる、というもので、これも何かと役に立ちそうです。
あとは慣用句の間違いを指摘してくれる機能(「的を射る」と「的を得る」とか)も何かと使えるかも。くだけた表現(ら抜き、さ入れ)もオプションで選択すれば指摘してくれるので、正規の文章(?)を作る時はいいですね。
Windows標準のIMEは基本的にはただ単に変換するだけだからなぁ。標準のを使ってる人は一度使ってみるといいかも?

ちなみにIMEとの違いを意識することなく使えます。昔のATOKはIMEと少し違ったような気がしたけど、今のはインターフェイスを選べるんですね。よいことです。

一太郎 2005 キャンペーン版
ちなみに一太郎にもATOK入ってます。あまり価格も違わないのでこっちを買ってもいいかもね。

|

« 551の叉焼まん | トップページ | ブラインドタッチでアホになる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18613/2965109

この記事へのトラックバック一覧です: ATOK2005を入れてみる:

« 551の叉焼まん | トップページ | ブラインドタッチでアホになる »