« じょん・でんばー | トップページ | いたちごっこのウイルス達 »

2004.07.15

Appleがこのきのこる先生

http://blog.japan.cnet.com/umeda/archives/001389.html
Appleはこれから大丈夫なのか?という記事ですが、そこは読みたい人には飛んでいってもらうとして、最後にある

Jobsは次の5年間の間に、PixarとAppleのいずれを経営するかの選択を迫られるだろうが、AppleのほうがよりJobsを必要としている。だから、AppleをJobsが経営し続けることに賭けて、自分はこう予測するのだと。そして最後に、Jobsがいなくってしまえば、Appleは5年もたないと結論づけている。

というRob Enderleの話、これはアップルにとって大問題ですね。Jobsだって永遠の命を持っているわけではないし(もちろんゲイツだってそうだけど)。10年後や20年後、Jobsがいなくなってしまった後のAppleは生き残ることができるのか・・・個人的には厳しいような気もする。まぁマイクロソフトと組んで生き残る可能性もありますが。今だってMSの資本入ってるわけだし。ただ、AppleらしさがJobs後薄まってしまってシェアがた落ちの可能性高そう・・・

|

« じょん・でんばー | トップページ | いたちごっこのウイルス達 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18613/969388

この記事へのトラックバック一覧です: Appleがこのきのこる先生:

« じょん・でんばー | トップページ | いたちごっこのウイルス達 »