« 今日のおかいつ | トップページ | オリンパス新デジカメ »

2004.04.19

プラ製トランジスタ

http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000047623,20065530,00.htm

アメリカの企業が実用化。

最近の研究プロジェクトが実を結べば、そう遠くない将来に雑誌上でビデオを再生したり、インクジェットプリンタで半導体が印刷できるようになるだろう。堅いチップではなく、薄いフィルムや成型可能な素材を使って電子を接続するため、インターネットに接続できるものの種類が大きく広がることも、重要なポイントだ。たとえば、雑誌に薄いスクリーンをはさみ込み、ウェブサイトにワイヤレス接続したり、ジュースのプラスチックボトルから在庫管理装置に信号を送ったりすることも可能になるだろう。

なかなか面白いことができるみたいですね。特にインクジェットで印刷っていうのは面白いです。
まぁ
しかしシリコンが一般的な市場で、これらの素材がシリコンと競合するとは考えにくい。その理由の1つとして、プラスチックのトランジスタはサイズが巨大であることが挙げられる。Xeroxの回路は幅20~50ミクロンであるのに対し、Intelなどのメーカーは幅90ナノメートルのチップを大量生産している。1ミクロン(100万分の1メートル)は1ナノメートル(10億分の1メートル)の1000倍の長さだ。

ということで高性能な回路は作れないみたいですけど。


日本も頑張ってもらいたいものです。

|

« 今日のおかいつ | トップページ | オリンパス新デジカメ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18613/462765

この記事へのトラックバック一覧です: プラ製トランジスタ:

« 今日のおかいつ | トップページ | オリンパス新デジカメ »