« 今日のデカレンジャー | トップページ | 今日のNスペ »

2004.02.29

ユビキタス社会って何??

http://www.yomiuri.co.jp/main/news/20040229i301.htm

2010年をめどにユビキタスを実現といっていますが、何処が到達点なのでしょうか。現状だって「どこでもコンピューティング」という基本的な概念から言えばユビキタス社会です。というわけで総務省のユビキタスページを見てみる。

  1) ユビキタスネット社会の概略設計図とその実現方策

と検討事項書いてあります。つまりユビキタス社会の概略設計はまだということなんでしょうか。背景に
家電など多様な機器がブロードバンドに接続され便利で自由なコミュニケーションが可能となるユビキタスネット社会

とも書いてあることから家電製品がブロードバンド接続された社会のことをユビキタスネット社会と言いたいのでしょうかね。確かに家電がネットに接続されることによって携帯電話から家のクーラーを付けたり、録画予約をしたり、ということは便利かもしれませんが、屋内のコンピュータからクーラーやテレビを操作できても対して利便性が向上したとは思えませんね。リモコンをある程度統一してもらえれば十分です。大規模な会社や学校なら話が変る?ICタグはNHK人間講座で坂村先生が言っていた「家庭内でICタグを使う」用途はあまり普及しないような気がします。冷蔵庫を例に取ってみると、情報を登録、削除するのだって面倒でしょう。開けれて見れば大体わかりますし、読取装置が冷蔵庫内に内臓されていても、「人参が半分」というような情報はわざわざ手動で入力する必要があります(冷蔵庫に支援機能が付くのは確実でしょうが)。ごちゃごちゃの冷蔵庫の中のどの辺りに人参があるか、というような用途には使えそうですが。さらに全ての商品にICタグが付いていないと意味がないわけです。八百屋に売ってる野菜にはおそらく付かないので自分でシールを貼るしかないわけで、その情報は登録しなければいけません。さらにタグが最初から付いていても特定の種類でなければいけません。今は二種類の規格がありますが、食品にはどちらを使うか、というようなことを決定する必要があります。この辺を検討するのでしょうか。万引き防止を兼ねて本屋やコンビニ等ではコストが低下すれば導入する所も増えるとは思いますが、現状ではどちらを使うか決まっていないのでバラバラになってしまう可能性もありますねぇ。結局家庭内ではICタグの恩恵は受けられそうにないような気がしますが。そういえば阪急も夏あたりからICタグ使ったカード導入するんでしたね。その辺りには期待。

長文だけど深く考えてるわけでもなく、意味不明ですがご容赦を。

|

« 今日のデカレンジャー | トップページ | 今日のNスペ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18613/247217

この記事へのトラックバック一覧です: ユビキタス社会って何??:

» Tramadol hydrochloride. [Tramadol side effects.]
Tramacet tramadol hydrochloride. [続きを読む]

受信: 2007.08.08 02:10

« 今日のデカレンジャー | トップページ | 今日のNスペ »